ふたばちゃん保管庫



民俗学って面白いけど

1. Name 2018/09/20 08:50:22 No.534766334 そうだねx1
民俗学って面白いけど無茶なこじつけもあったりするよね
2. Name 2018/09/20 08:51:36 No.534766468 そうだねx4
実用的な知恵と憶測が混ざって妖怪になるのいいよね
3. Name 2018/09/20 08:53:39 No.534766652
戒める言い伝えみたいなのがいつしか妖怪化したみたいなのは結構あるんだろうね
4. Name 2018/09/20 08:54:22 No.534766733
妖怪はダジャレで作った創作が後世で生命を吹き込まれていく流れがすき
5. Name 2018/09/20 08:56:36 No.534766962 そうだねx6
遠野物語で遠野を魔界にした男
6. Name 2018/09/20 09:08:43 No.534768179 そうだねx1
ちょっと言葉遊びにこだわりすぎってよく思う
7. Name 2018/09/20 09:13:10 No.534768625
ほとんど語呂合わせよね
8. Name 2018/09/20 09:13:38 No.534768673
これはアナグラムなんじゃないでしょうか?
9. Name 2018/09/20 09:14:53 No.534768790
梁塵秘抄とか考察したのかなこのお爺ちゃん
10. Name 2018/09/20 09:15:12 No.534768824
アマガミちゅうのは天つ神の事やね
11. Name 2018/09/20 09:15:27 No.534768859
元々の中核が国語学者とはいえね
12. Name 2018/09/20 09:15:31 No.534768868
部下がかき集めてきた情報が粗いと…そんだけ?みたいなものをお出しする
13. Name 2018/09/20 09:17:34 No.534769094 そうだねx5
やなぎた先生の功績は考察の部分よりも
民話をいっぱい収集したこと
14. Name 2018/09/20 09:20:10 No.534769358
古来の人々は言葉や理論では説明できない何か不安な現象を
妖怪の仕業とすることで逆に心の平静を保とうとしてきたって説は好き
15. Name 2018/09/20 09:20:43 No.534769412 そうだねx3
>アマガミちゅうのは天つ神の事やね
ゲームじゃなかったんだ…
16. Name 2018/09/20 09:21:28 No.534769490
そうか。折口くん、そういう世代か。
17. Name 2018/09/20 09:21:37 No.534769503
今だって幽霊の仕業だ!って言った方が逆に安心する人多い
とりあえず何か原因探ってみようとしても納得しない
18. Name 2018/09/20 09:22:51 No.534769633
弟子がホモさん
19. Name 2018/09/20 09:26:02 No.534769957
創作だと妖怪ハンターみたいな扱いになってたりする人
20. Name 2018/09/20 09:26:04 No.534769962
むくりこくりがくっぞ!
21. Name 2018/09/20 09:26:25 No.534770010 そうだねx3
セックスやね
22. Name 2018/09/20 09:27:05 No.534770111
アイヌ語大好きおじさん
23. Name 2018/09/20 09:28:28 No.534770272
人間の脳はよくわからん大きな出来事あったら直近の出来事絡めて記憶捏造して落ち着こうとするから
それが幽霊になったり陰謀説になるって何かで言ってた
24. Name 2018/09/20 09:29:43 No.534770392
面白ければいいよねって割り切る人ばかりだとは思えないけど
やっぱり怒られたりするのかな
25. Name 2018/09/20 09:30:35 No.534770484
今でいうところの科学みたいな役割
26. Name 2018/09/20 09:31:27 No.534770569
つーか人間ってそんなに実際に「見て」ないんだよね
適当に脳が補ってるからちょっとエラーが入るとないものが見えちゃう
27. Name 2018/09/20 09:31:34 No.534770575
民話収集家なのかな…
28. Name 2018/09/20 09:34:20 No.534770821
>古来の人々は言葉や理論では説明できない何か不安な現象を
>妖怪の仕業とすることで逆に心の平静を保とうとしてきたって説は好き
妖怪のせいなのねそうなのね
29. Name 2018/09/20 09:34:48 No.534770870
伝承に残る過去の自然災害の例とかそういうの考察してないかな
あれば読みたい
30. Name 2018/09/20 09:34:49 No.534770873
考察部分は時代的なものもあって強烈なバイアスかかってるからお話だけ読むね...
31. Name 2018/09/20 09:35:40 No.534770948
夜中に口笛をふくと蛇が出るぞ
32. Name 2018/09/20 09:35:46 No.534770957
キミキスとかアマガミについて語るおっさん
33. Name 2018/09/20 09:36:26 No.534771011 そうだねx2
海上の道いいよね…
34. Name 2018/09/20 09:37:26 No.534771098
折口信夫と一緒にアマガミレビューする人
35. Name 2018/09/20 09:37:34 No.534771117
この学問どうやってお金にしてるの?
36. Name 2018/09/20 09:38:36 No.534771204
セイレンのレビューは無かったのか
37. Name 2018/09/20 09:39:11 No.534771255
当時感覚的な考察であったろう蝸牛考が全部とは言わないけれど大規模調査で割と実証されたりもしてるし
鋭いは鋭かったんだろうなあ
38. Name 2018/09/20 09:39:11 No.534771256
>この学問どうやってお金にしてるの?
本を売る
39. Name 2018/09/20 09:40:12 No.534771358
方言周圏論いいよね
40. Name 2018/09/20 09:40:19 No.534771372
>今だって幽霊の仕業だ!って言った方が逆に安心する人多い
新手のスタンド使いみたいなもんか
41. Name 2018/09/20 09:44:17 No.534771767
考古学の方がまだ分かりやすい気がするよね
馬鹿のせいでミソ付いたけどさ
42. Name 2018/09/20 09:45:52 No.534771925
上橋菜穂子みたいな民話再構成型の作家はもっと増えていいと思う
43. Name 2018/09/20 09:48:28 No.534772160 そうだねx1
考古学とは切っても切れない関係な気がする
トロイア遺跡の発見とか物語が史実を元にしてた例があるし
44. Name 2018/09/20 09:50:05 No.534772316
>考古学とは切っても切れない関係な気がする
>トロイア遺跡の発見とか物語が史実を元にしてた例があるし
日本だとあんまりないよねそういうの
両面宿儺みたいなのはたまにあるけど
45. Name 2018/09/20 09:50:44 No.534772383
>伝承に残る過去の自然災害の例とかそういうの考察してないかな
災害は気象庁とか都市設計研究者とかの分野にならないかな
過去の資料を当たる際に協力はできるだろうけど
46. Name 2018/09/20 09:50:45 No.534772388 そうだねx1
名が売れてくると聞き取りに行った先の原住民が話を盛ってくるそうで
こういう研究も大変だなと思う
47. Name 2018/09/20 09:51:31 No.534772466
基本的にこじつけだよね
冷静に考えるとめちゃくちゃ
48. Name 2018/09/20 09:52:09 No.534772519
井上円了の物理学的考察と対になってバランスがとれてる人だと思う画像
49. Name 2018/09/20 09:52:45 No.534772588
そんな眉毛
50. Name 2018/09/20 09:53:06 No.534772623
>妖怪はダジャレで作った創作が後世で生命を吹き込まれていく流れがすき
くねくねがいずれそうなっていくのかな
あれ元ネタ八頭身モナーって聞くけど
51. Name 2018/09/20 09:53:39 No.534772686
カタログでカトちゃん
52. Name 2018/09/20 09:53:56 No.534772721
宮本常一的な観点から批判されることも多いけど
成立する最初期の段階ではしょうがない気がする
53. Name 2018/09/20 09:54:59 No.534772818
>あれ元ネタ八頭身モナーって聞くけど
それどっちかっつうと八尺様じゃないの
54. Name 2018/09/20 09:55:38 No.534772892
民俗学というか社会人類学だけど金枝篇を読み進めていったときのワクワク感はすごかった
そりゃねーだろって記述も多かった
55. Name 2018/09/20 09:55:46 No.534772908
スレ画のおじさんのお仕事は風土記を作ることじゃなくて
風土記を通じて日本国民をまとめることなので仕方ない
56. Name 2018/09/20 09:56:55 No.534773024
>戒める言い伝えみたいなのがいつしか妖怪化したみたいなのは結構あるんだろうね
河童伝説は子供同士で水辺で遊んでいて不慮の事故があった際にその子達や亡くなった両親に慰めの意味と戒めの意味で伝わったとの一説がある
57. Name 2018/09/20 09:57:24 No.534773073
>戒める言い伝えみたいなのがいつしか妖怪化したみたいなのは結構あるんだろうね
単なる戒める言い伝えだと解釈されて町おこしに使おうとしたら本当に害をなす怪異がいてそれを知ってるのはもうボケたじいさんばあさんだけって展開好き
58. Name 2018/09/20 09:57:47 No.534773115
>名が売れてくると聞き取りに行った先の原住民が話を盛ってくるそうで
>こういう研究も大変だなと思う
下っ端が聞きに行くわけってそういうことだったんだ
59. Name 2018/09/20 09:58:22 No.534773176
河童が子減らしの隠語とかおもちろい
60. Name 2018/09/20 09:58:45 No.534773213
>つーか人間ってそんなに実際に「見て」ないんだよね
>適当に脳が補ってるからちょっとエラーが入るとないものが見えちゃう
ガチャすると架空の神に祈ってる気がするけどあれ誰に祈ってんだろうな…
61. Name 2018/09/20 09:59:32 No.534773290
>名が売れてくると聞き取りに行った先の原住民が話を盛ってくるそうで
>こういう研究も大変だなと思う
観測行為が結果に影響するみたいな…
でもそういうのも含めて民俗学みたいね
発祥も大事だけど伝播や定着にも大事な部分があるから
62. Name 2018/09/20 09:59:47 No.534773316
動物も祈るって言うしな
自分の力でどうにもならない事態に出くわした時の本能かもしれない
63. Name 2018/09/20 09:59:48 No.534773318
>>名が売れてくると聞き取りに行った先の原住民が話を盛ってくるそうで
>>こういう研究も大変だなと思う
>下っ端が聞きに行くわけってそういうことだったんだ
下っ端も下っ端で自分の勝手な考察を事実とごっちゃにして書いてきたりするので
もうここに書いてある事だけやれよな! って調査用の手帳作って渡してた
64. Name 2018/09/20 10:00:02 No.534773343
川や水辺の妖怪は世界中どこでもあるから池や沼が怖かったし実際事故は多かったんだろうな
65. Name 2018/09/20 10:00:36 No.534773393
今や学校の怪談が民俗学の研究対象だからな
66. Name 2018/09/20 10:01:47 No.534773507
>今や学校の怪談が民俗学の研究対象だからな
自分の世代にはもうなかったし都市伝説だよ学校の怪談
67. Name 2018/09/20 10:02:11 No.534773554 そうだねx2
柳田先生が来るまでは無かったよそんな話!?てのが結構あるらしくてだめだった
68. Name 2018/09/20 10:02:40 No.534773613
都市伝説もブルンヴァンとかが真面目に研究してるじゃん
69. Name 2018/09/20 10:03:10 No.534773667
地元の長老が語る話は嘘
が基本です
70. Name 2018/09/20 10:03:13 No.534773674
この前NHKでやってた水木サンが存命中の番組だと飢饉とかで
子ども育てられないから殺して記録するのに河童にさらわれた風に記録あったな
老人も食わせていけないから姥捨山が昭和初期まで続いていたとか
71. Name 2018/09/20 10:03:22 No.534773696
昔は沼とか川に治水がなってなかったり鼠漬けに行ったりしてたから今よりもっと死を匂わせる存在だったのかなとか思うとなんかわくわくしてくるよね
72. Name 2018/09/20 10:03:23 No.534773699
今時爺さんからその地の民話聞くとかないからなあ
祭りとかも民俗学に入るんだけど
73. Name 2018/09/20 10:03:35 No.534773730
トイレの花子さん二宮金次郎音楽室の絵画あたりの話は全国どこでもありそうで興味深い
TVでの伝播もあったんだろうけど子供が怖がる要素って大体どこでも一緒だから似た話が出てくるのだろうか
74. Name 2018/09/20 10:04:15 No.534773801
国とか研究機関がデマの伝播発展の効果を調べるために意図的に流した都市伝説っていう人面犬や赤マントのパターンの一つにある都市伝説大好き
75. Name 2018/09/20 10:04:19 No.534773808
基本口伝だからスレ画のおじいちゃんみたいに集めて本に残すのは大事だよね
76. Name 2018/09/20 10:04:21 No.534773812 そうだねx1
>今時爺さんからその地の民話聞くとかないからなあ
>祭りとかも民俗学に入るんだけど
昔婆さんに聞いたけどそんなものはねえと言われたなあ
どっかの世代で切れたな
77. Name 2018/09/20 10:05:13 No.534773903
>国とか研究機関がデマの伝播発展の効果を調べるために意図的に流した都市伝説っていう人面犬や赤マントのパターンの一つにある都市伝説大好き
どうにかして腑に落ちたいんだろうね
78. Name 2018/09/20 10:05:22 No.534773924
まあ明治時代の聞き取りだけで充分だろう
79. Name 2018/09/20 10:06:44 No.534774075
古い伝承とかはギリギリ戦前までなんじゃないかな…
80. Name 2018/09/20 10:06:53 No.534774093
ヒとか未だに民話作成してない?
意地悪爺さんと優しいじいさんのテンプレートは偉大
81. Name 2018/09/20 10:07:32 No.534774162
岡本綺堂「ほとんどが中国からの輸入説話」
82. Name 2018/09/20 10:08:16 No.534774233
>昭和初期まで続いていたとか
昭和初期まで続いていたといえば人柱や生贄もその頃まである地域の山奥の農村部では行われてたんだよな
政府は法律で禁止していたけど
83. Name 2018/09/20 10:09:01 No.534774312
>ヒとか未だに民話作成してない?
>意地悪爺さんと優しいじいさんのテンプレートは偉大
あれは民話じゃなくて単なる創作物語だと思う
84. Name 2018/09/20 10:10:22 No.534774442
>柳田先生が来るまでは無かったよそんな話!?てのが結構あるらしくてだめだった
基本的にてきとーだしなみんな
85. Name 2018/09/20 10:10:35 No.534774471
災害や病気のような不幸に無理やり折り合いをつけるには
超自然の存在を持ち出すほうが納得がしやすい
86. Name 2018/09/20 10:10:36 No.534774472
イケニエと言えば諏訪の…ンガンゴ
87. Name 2018/09/20 10:11:43 No.534774575
聞き手が話を誘導して話してが装飾して話しちゃうパターンとかオカルトだとよくある
88. Name 2018/09/20 10:12:34 No.534774661
水木先生もそのネームバリューで取材先が妖怪を生み出してしまうタイプだったとここで聞いたことある
89. Name 2018/09/20 10:12:42 No.534774676
考察すると何かしら教訓めいた物語や寓話になるものも良いけれど
正直意味不明だけど何故か伝わってる話も何か好きだ
90. Name 2018/09/20 10:13:15 No.534774726
そもそも最初からテキトーな話なんだからテキトーに盛られるのは宿命なんやな
91. Name 2018/09/20 10:13:23 No.534774743
妖怪って現代ですら生まれるからなあ
92. Name 2018/09/20 10:13:31 No.534774758
せっかく遠くからきたしちょっと面白い話でもしてやるかというサービス精神が発揮される!
よくある
93. Name 2018/09/20 10:13:55 No.534774795
人が人と話し続ける限り妖怪は生き続ける
94. Name 2018/09/20 10:14:23 No.534774850 そうだねx2
>せっかく遠くからきたしちょっと面白い話でもしてやるかというサービス精神が発揮される!
口伝ってそういうもんである
95. Name 2018/09/20 10:14:27 No.534774861
>せっかく遠くからきたしちょっと面白い話でもしてやるかというサービス精神が発揮される!
>よくある
だいたい素朴な善意だよねそういう
96. Name 2018/09/20 10:15:23 No.534774953
社会学が主観が大いに反映されるみたいな話だな
97. Name 2018/09/20 10:15:41 No.534774981
話の何処を膨らませるとか端折るとかも
民俗学的な研究対象だねえ
98. Name 2018/09/20 10:15:54 No.534775003
>せっかく遠くからきたしちょっと面白い話でもしてやるかというサービス精神が発揮される!
旅の商人を通じて都市に流入する際にはよく起こったと思われる
99. Name 2018/09/20 10:16:24 No.534775063
母親が子供にする即興の寝物語とかは昔も多いだろうしね
100. Name 2018/09/20 10:17:20 No.534775158
迷い家の話不気味だけどいいよね
謎のお屋敷に入って物を持ち帰ってバチがあたる!かと思いきや福が舞い込むとか棚ぼたラッキーすぎる
101. Name 2018/09/20 10:17:22 No.534775160
ソースは口伝

元スレッド:http://img.2chan.net/b/res/534766334.htm


お問い合わせ futabahokanko.com